スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Canon リモートスイッチ RS-80N3

社外製のレリーズが断線したのか、反応しなくなったので純正品に買い替え。


IMG_8595.jpg

Canon リモートスイッチ RS-80N3

スイッチ周辺は樹脂、コネクタ付近はメタル。ケーブルは以前使ってたものより太く、耐久性は悪くなさそうだ。機能はバルブスライドのみでタイマー等はなし。


IMG_8602.jpg

付属品はなし!また断線するのもうイヤだし、ポーチぐらいつけて欲しかったぞ。


RIMG7285.jpg


今となっては2秒セルフタイマーとか、スマートフォンと連携してレリーズ代わりにできるようになって、レリーズなしでもなんとかなるようにはなったけど、やっぱり要るよね。
スポンサーサイト
2014-07-06 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Tamron SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD ASPHERICAL [IF] (Model A05)

実はかなり久しぶりにレンズを購入した。

7DBS3649.jpg

Tamron SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD ASPHERICAL [IF] (Model A05)

6Dも買ったことだし、早いうちにフルサイズ広角レンズを揃えようと思っていたけど、毎日使えて楽しい携帯電話やヘッドホンに興味が逸れて遅くなってしまった。まとまった時間が取れる休みに入ってようやく順番が回ってきた形だ。

EF広角ズームレンズは設計が古く、値段のわりに微妙な性能で買う気にはなれないのだが、8-15/2.8やTS-E 24/3.5L等に採用されている特殊コーティング「SWC」がかなり優秀だそうで、これが現行の17-40/4Lの後継機に載る可能性が高い。ということで、新型が出て買えるような価格になるまでは社外製のレンズでお茶を濁そうという算段。
SIGMA12-24やtokina16-28はテレ端が短かったり重かったりフィルター使えなかったりでNG。tokina17-35かtamron A05で少し悩んだが安くてコンパクトなA05に。美品で27kだった。


7DBS3652.jpg

6Dにつけると、小さくて軽い!個人的に広角レンズは苦手で、10-22を使っていた頃も持ちだしたものの数カットしか使わずバッグに入れっぱなし…といったことも少なくなかったので、コンパクトであることはとても重要。
AFはモータでフルタイムマニュアルは不可、USMに慣れた身には辛いかな…と思ったが、広角レンズで積極的に被写体に迫るような撮影スタイルではないし、それほど気にはならないかな…?


7DBS3651.jpg

フードも純正のお化けきのことは違ってコンパクト。このサイズなら一緒に持ち出せそうだ。


7DBS3655.jpg

A05が加わって一応高画質&軽量なフルサイズズームシステムが完成。明るさが正義な大三元には性能を追求してもらうとして、新型の純正小三元広角ズームはコンパクトさを重視してくれるといいなー。
2014-03-09 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

硬度9Hの最強プロテクター「Kenko PRO1D液晶保護ガラス」 レビュー

今月発売になったばかりの、鍵やナイフで切りつけても傷がつかないとされる、硬度「9H」以上の液晶保護ガラス「Kenko PRO1D液晶保護ガラス」(EOS 6D用)を早速購入した。通販で2200円。

同社の液晶保護フィルムを7D用に取りあえず貼っていたけど、硬度3Hで使っているうちに傷が付きがちだったので、これが改善されることと、フッ素コートを施せるメリットを期待した。

rrIMG_1145.jpg

続きを読む

2013-12-15 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

フルサイズ機を軽快に振り回せ! ARTISAN&ARTIST EASY SLIDER ACAM-E38 レビュー

ARTISAN&ARTIST イージースライダー ACAM-E38


rr7DBS3408.jpg

6Dのストラップはこれに決定。


続きを読む

2013-12-08 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EOS 6D 購入と開封の儀

というわけで、6Dを購入した。前回の記事はただの茶番なので忘れてほしい。
某カメラ店にレンズ2本を下取りを出して査定額が53k。今回下取りボーナスやゴールドラッシュ(メーカーキャッシュバック)などで実際負担する額が案件によってごっちゃごちゃになっていたので表にまとめた。

続きを読む

2013-11-30 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EF 24-70mm F4L IS USM 外観レビュー

先日届いたEF 24-70mm F4L IS USMを開封して舞い上がっていたら土日が来てしまった。いい加減に続きを書こう。


10002.jpg


10004.jpg


10006.jpg


全長はとにかく短く10-22mmと同程度だ。


10005.jpg

前面はフィルター径等のプリントが無くなってスッキリしたような、寂しくなったような。


10009.jpg

7Dに装着。重心が中央寄りでりホールドしやすい。
上面は距離目盛り、左側はAF/MF切り換えにISといつもの構成。


10011.jpg

右側にはマクロ切り換え/ずり下がり防止のロックスイッチを備える。不思議な位置にあるなーと思ったら、構えた時にファインダーを覗きながら右手の中指で切り換えることが出来た。ズームリングは左手で回すもんな。なかなか良く考えられている。



10001_20130714221510.jpg


花型、植毛、つや消し、メイドインジャパンなEW-83L。24mmスタートなので以前使っていた17-55のものより短く、取り回しは良好だ。
取り付けるとパチッと回転ロックする機構が働き、その分他のレンズより摩擦が少ない気がする。


10001_20130714221841.jpg

キャップは内部ツマミが付いた2型が標準で付属する。77mmのキャップは結構値が張る上に品薄気味なので一緒に手に入って助かった。
フードやキャップといった新しい試みは今後のスタンダードになりそうな予感がする。


10001_20130714221412.jpg


逆付けすると赤鉢巻がチラッと見えてかっこいい。
2013-07-14 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EF 24-70mm F4L IS USM 購入と開封の儀

フルサイズシフト計画の重要なファクターと言える24mmスタートの標準ズームレンズの購入に踏み切った。
選んだのは発表当時から気になっていたEF 24-70mm F4L IS USM。

発表時の価格13万からさほど大きく値が落ちず、中古もなかなか出回らない状態が続いていて、手頃な案件を見つけるのに時間がかかってしまった。
購入価格は99750から下取りに出した17-55の46800を引いて52950円だった。

小躍りしながら開封の儀。

0007_20130710223702.jpg

続きを読む

2013-07-10 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ベルボン QRA-35L スペアシュー

E543M購入時に応募したベルボン「ジオ・カルマーニュ カーボン三脚祭」のクイックシューが届いた。

IMG_7993.jpg

このキャンペーン、クイックシューか、購入三脚のグレードに応じたマルミのフィルターを選べるのだけど、自分が買ったE543Mは対象フィルターが67mmまでのプロテクターのみ。対して1つ上の600番台シリーズは77mmまでのプロテクターか、67mmまでのPLフィルターが選べた。
100マクロ、70-200/4用に67mmのPLフィルターが丁度欲しかったので、E543Mを買うにあたって少し心残りだった。
とは言え、2千数百円相当のスペアシューが手に入ったのは嬉しい。結局ブツブツ文句を垂れながら買うことになるしね。


IMG_8003.jpg

70-200/4Lの三脚座に装着。このクイックシュー、頑丈なのはいいけど大きすぎてレンズの三脚座に取り付けると嵩張ってしょうがないので、使わない時は素直に外すか、縦につけるといい感じ。
どうでもいいけどこの状態だと自立する。


この組み合わせで持ち出すことはしばらくないだろうから、実際は何かの拍子になくしたり、壊れたりしたときのスペアとしてポケットに忍ばせることになるかな…。夏休みに入ったら風景をガシガシ撮りたいところだけども。
2013-06-20 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ベルボン Geo Carmagne E543M を購入

3月に壊れてしまったSPLINT PRO 2の後継ぎとしてジオカルマーニュE543Mを購入した。フォトアクセス(通販)で約27,000円。

7DAM0150.jpg


三脚に関しては普及帯のものしか使ったことがなく、各メーカーの特徴なんかもよく分からないまま選んだのだけど
70-200 F4Lを装着してもぐらつかず、それでいてできるだけ軽量という条件で、カーボン+自由雲台に。あとはネットを見る限りユーザーが多いのと「カルマーニュ」というブランド名のカッコよさ(安直)でE543Mに決めた。

ストーンバッグやキャリングケースが付属していたのと、キャンペーンでスペアシューが購入者全員にプレゼントされ、最初から欲しいものがひと通り揃うというのも背中を押した。


7DAM0151.jpg

重量は付属の自由雲台込みで約1.5kg。SPLINT PRO 2より一回り以上大きいのに400g程度しか変わらないのは驚き。キャリングケースに入れて背中に回せば一日持ち歩いても問題ない。
でも自由雲台はアングルを変える度に水平を合わせるのが思っていたより面倒。いつか3WAY雲台を買い足すことになりそうだ。


7DAM0178.jpg

自由雲台を反対側に取り付ければGITZOトラベラー風に畳むことも。


0001_20130504211749.jpg

クイックシューは薄く軽く上出来。ツメを立ててカメラの角に沿わせれば縦位置でもズレる心配がなく、安心感が大きい。

SPLINT PRO 2では耐荷重の関係からブレを量産していた17-55 F2.8の縦位置や70-200 F4Lでの撮影も軽くこなすことができて満足。ミドル機以上のユーザーは夜景等スローシャッター用途ならはじめからこれくらいの大きさの三脚を買ってしまった方がいいかもしれない。安定感がまるで違う…。

購入当初の春休みこそよく持ち出したものの、最近は自室でのブツ撮り用に成り下がっているのでなんとかしないと()。

2013-05-04 : 機材 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

EF 70-200mm F4L IS USM 購入とテスト撮影

新年明けましてレンズ購入。

I've Bought New Lens


いままで使ってた望遠レンズ「TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD」はズーム倍率や価格の割にテレ端での画質低下が小さく、手ぶれ補正がよく効いて便利に使えるレンズだったけど、AF追尾がイマイチ残念で動体撮影ではピンぼけになりがちで苦い思いをしてきた。動体まともにとれない7Dなんてkiss使うのと変わらないじゃねーか!

そんなA005をリプレースするレンズは純正Lしかないでしょう。70-300LはA005と描写の差はほとんど無く、1kg超かつ中古案件が少ないということでスルー。つーことでこの度「EF 70-200mm F4L IS USM」が仲間になった。

今回はキタムラのネットで中古購入。近くの店舗に取り寄せて確認してから買うかどうか決められて、確実だ。
コンディションはAB良品,キャップ,フード,三脚座(※ゆるい)付属で73k。半年間の保証がつく。
三脚座は使えないことはないけど確かに締まりが悪い。なにか対策を考えよう。

手持ちの100mmマクロはプラ製でまあこんなもんかという印象だったが、このレンズは手にしてみると金属の質感がたまらなく良い。
ズームリングを回した時のコンッって音でご飯3杯はいけそうだ。

続きを読む

2013-01-05 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。