スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

京都おどりコンテスト

Kyoto Odori Contest 3

CANON EOS 7D
EF 100mm F2.8L マクロ IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3
1/1000sec, f/2.8, ISO 100


Lightroomの更新、忘れてしまった。全ては試験が終わってからだ…。
スポンサーサイト
2013-07-31 : 祭り・イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

千里川土手 ポケモンジェット

Senri River 3

CANON EOS 7D
EF 24-70mm F4L IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3
1/500sec, f/7.1, ISO 800, 24 mm


(^_^)/
2013-07-27 : 航空機 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

青紅葉

Kyoto Snap 4

CANON EOS 7D
EF 24-70mm F4L IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3
1/100sec, f/5.0, ISO 1250, 70 mm


噂に違わぬ優等生な写り。
2013-07-25 : 花・植物 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

長さで猛暑を乗り切れ!ロッテリア「ビッグリブサンド」試食レビュー

たまたま立ち寄ったロッテリアで挑戦的なメニューがあったので注文してみた。


RIMG2082.jpg

その名も「ビッグリブサンド」
変態バーガーを定期的にリリースしてきたロッテリアが、今回は長さで勝負に出た形だ。
ビッグというよりはロングなリブサンドで、その長さはなんと35cm。そして価格は500円。
普通のリブサンドポークが390円であることを考えると色々と太っ腹な価格設定だ。


RIMG2069.jpg

包まれたブツとご対面。トレーの対角線より長く、はみ出してしまっていてなんともシュールな光景だ。
小学生の頃、ランドセルに挿して帰ったあの長定規やリコーダーよりも長い。GRDの画角を持ってしても、引かないと収まらない。
ドリンクを注文しなかったらお冷がついてきた。ファーストフード店のお冷サービス、なんだか嬉しい。


RIMG2080.jpg

トレイシートにクーポンがついてきた。


RIMG2075.jpg

ご開帳。
なんとiPad mini+Galaxy Note2より長い!これが胃に入るのか…?


RIMG2078.jpg

クラウンバンズを開いて中身を確認。矩形状の焼きあとが食欲をそそる。
そしてサンドの長さに比例してピクルスがこれでもかと言うくらい大量に並んでいる。

味の方だが、ソースはそこそこ濃いものの、酸味が効いて食べ進めても飽きがこないような味付けになっている。長さ一辺倒で手を抜いている、と言うことがなくていい。
しかし、流石に7割ほど食べ進めたところで辛くなってきた。しかしトレイにあるのはリブサンドのみ。単品注文、逃げ場がないぞ…!

半分ネタで頼むにしてもこれでワンコインは良心的だと感じた。
ビッグリブサンドは2日間限定のメニューだったようだが、好評につき期間を延長して、明日24日(水)と来週の31日(水)にも試すことができる。
レンズを買ってばかりで鰻を逃してしまった方も、こいつでガツンとスタミナをつけて、巻き返しを図ってみてはどうだろうか。
2013-07-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

千里川土手 2

Senri River 6

CANON EOS 7D
EF 24-70mm F4L IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3
1/200sec, f/4.0, ISO 400, 53 mm

日が暮れ、滑走路のイルミネーションが灯る。
2013-07-22 : 夜景・イルミネーション : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

千里川土手

Senri River 8

CANON EOS 7D
EF 70-200mm F4L IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3
1/40sec, f/5.6, ISO 1600, 200 mm


夏休みに入ったら風景を撮りに行きたいけれど、「7Dで風景撮るの?」と心の闇が煽ってくる。
2013-07-21 : 航空機 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

蝉の抜け殻

Kyoto Snap 3

CANON EOS 7D
EF 24-70mm F4L IS USM
Adobe Photoshop Lightroom 3


夏がやってきた。
2013-07-17 : : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EF 24-70mm F4L IS USM 外観レビュー

先日届いたEF 24-70mm F4L IS USMを開封して舞い上がっていたら土日が来てしまった。いい加減に続きを書こう。


10002.jpg


10004.jpg


10006.jpg


全長はとにかく短く10-22mmと同程度だ。


10005.jpg

前面はフィルター径等のプリントが無くなってスッキリしたような、寂しくなったような。


10009.jpg

7Dに装着。重心が中央寄りでりホールドしやすい。
上面は距離目盛り、左側はAF/MF切り換えにISといつもの構成。


10011.jpg

右側にはマクロ切り換え/ずり下がり防止のロックスイッチを備える。不思議な位置にあるなーと思ったら、構えた時にファインダーを覗きながら右手の中指で切り換えることが出来た。ズームリングは左手で回すもんな。なかなか良く考えられている。



10001_20130714221510.jpg


花型、植毛、つや消し、メイドインジャパンなEW-83L。24mmスタートなので以前使っていた17-55のものより短く、取り回しは良好だ。
取り付けるとパチッと回転ロックする機構が働き、その分他のレンズより摩擦が少ない気がする。


10001_20130714221841.jpg

キャップは内部ツマミが付いた2型が標準で付属する。77mmのキャップは結構値が張る上に品薄気味なので一緒に手に入って助かった。
フードやキャップといった新しい試みは今後のスタンダードになりそうな予感がする。


10001_20130714221412.jpg


逆付けすると赤鉢巻がチラッと見えてかっこいい。
2013-07-14 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EF 24-70mm F4L IS USM 購入と開封の儀

フルサイズシフト計画の重要なファクターと言える24mmスタートの標準ズームレンズの購入に踏み切った。
選んだのは発表当時から気になっていたEF 24-70mm F4L IS USM。

発表時の価格13万からさほど大きく値が落ちず、中古もなかなか出回らない状態が続いていて、手頃な案件を見つけるのに時間がかかってしまった。
購入価格は99750から下取りに出した17-55の46800を引いて52950円だった。

小躍りしながら開封の儀。

0007_20130710223702.jpg

続きを読む

2013-07-10 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

さようなら EF-S 17-55mm F2.8 IS USM

EF-S 17-55mm F2.8 IS USMを手放すことにした。

というのも昨今のレートを鑑みてか、春先からレンズの買取価格が上がっていて、以前お世話になったカメラ屋で「いつ売るか?今でしょ!」のコピーとともに、下取り時通常価格から20%アップで買取りを実施していたのだ。これは見逃せないでしょう。


7DAL8303.jpg

付いた価格は5万弱。
17-55は使用期間は長くないものの、手に入れてからは稼働率随一のレンズでフードはスレが多数。ホコリも混入していたわりにいい値段になったと思う。

少し重かったけど、君の明るさとAFの早さにはいつも助けられたよ。おかげで写真がもっと好きになった。少し寂しくなるけど、達者でな。
2013-07-09 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。