スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

EOS 7Dのファームウェアを2.0に更新

今月頭に7Dのファームウェア2.0が登場ということで更新。

キヤノン:ダウンロード|EOS 7D ファームウエア Version 2.0.0

写真を取り込む時はいつもUSBケーブルをカメラに直接挿しているけど、アップデートファイルを入れるときなんかはカードリーダーを使わないと書き込めなかったりするから常備しておかないとなー。探し回ってしまった。








本体メニューからアップデート。数分待ったら時刻やエリアを設定して更新完了。




ISO3200で固定だったISOオートの上限が設定可能に…なったがISOを上げる基準となるSS低速限界が設定できない仕様はそのままなので個人的には大して必要ないかも()




画像まわりはレーティング、リサイズ、RAW現像機能が追加。





レーティングでは写真を5段階でふぁぼれる。



RAW現像ではWBやピクチャースタイル、各種補正が可能。露出が弄れないのが惜しい。
現像後はJPEGで別ファイルとして書き出しできるので出先ですぐにデータを渡したりプリントする時とかに捗りそう。






"IMG_○○"で固定だった画像ファイル名ヘッダも任意の文字に設定できるようになった。只ユーザ設定1は3文字、設定2は2文字+サイズで固定。折角なので"7D+画像サイズ"にしてみた。公式では撮影地や被写体でカテゴリ分けできると書いてるけど、その都度設定する訳だから忘れたらこんがらがるしあんまり良くない気がする。




クイック設定機能。画像再生時にクイックボタンでレーティングやAFフレーム、白トビ警告なんがをメニューキーを介さずサクッと表示できるように。


2.0と謳うだけの事はあるアップデート内容だったんじゃないだろうか。低速限界設定が出来れば文句なかったんだけど。画像設定を始めとして最近のEOSと足並みが揃い、末永く使えそう。
…まあその分7Dmk-2は遠のくのかな?
関連記事
スポンサーサイト
2012-08-18 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。