スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

EF 40mm F2.8 STM 外観レビュー

軽くて薄い、そこそこ明るくてまあまあ写ると評判のEF 40mm F2.8 STMを購入。



F2.8通しで手振れ補正つき、写りもバッチリな17-55があるし、半端な明るさの単焦点は必要ないかなと発売当時は見送ったが、
レビューを見たり店頭で試すうちにその機動性と見た目に惹かれて、最後は物欲がひと押し。
一部のロットでAFが突然効かなくなる不具合があった(ファームウェアアップデートすれば済むけどサービスセンターまで行くのは面倒くさい)ため、ロットを店員に確認してもらい無事問題ないシリアル番号の固体をゲット。こういうのは店頭でなきゃ対応できないし助かる。




撒き餌先輩の50/1.8ll, メインで運用中の17-55/2.8との並べてみるととにかく薄い。本体はプラ製ながらもつや消し塗装されていて、フォーカスリングの下にはシルバーのラインが入り、マウント部は金属製と値段の割に質感は頑張っている。




薄さが損なわれるのは残念だけど前玉保護にはかえられない、ということで純正フード ES-52を装着。金属製でお値段2k。ステップアップリングみたいな見た目でレンズ前面の刻印も隠れてしまうので正味かっこ悪いけど我慢だ。




52mmのフィルターが装着できるためフードの上からレンズキャップを取り付けられる。






7Dに装着。フードとキャップの厚みを抜くとペンタ部とほぼ同じくらいで、厚さだけならズームレンズをつけたミラーレス機にも対抗できそう。
7Dよりもフルサイズの画角を生かせる6Dや軽いkissとの方が相性よさそうではある。




このレンズのクセは非通電時にはフォーカスリングが動かないため、電源が入っている時しか前玉を収容出来ないこと。もともと薄いレンズだし、せり出したままだと結構気になる。

関連記事
スポンサーサイト

2012-12-22 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。