スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

SC-02E Galaxy Note2用 ロワ互換バッテリー

Fussoと同時にこちらも注文。

blog (1 - 4)

スマートフォン用の互換バッテリーはものによっては全く使えなかったり、スペック表通りの性能が出なかったりすることが多々ある。今回買ったのはロワ製。レビューがなかったが以前同社の7D用バッテリーがまともに動いたことと、他の端末のレビューが概ね好評だったのを信じて注文。
純正パックの半分以下の値段で手に入った。

blog (2 - 4)

純正バッテリーはメイドインコリア。対してロワの互換バッテリーはメイドインチャイナ。
包装のシールが違っていて、純正パック2個持ちより見分けが付きやすい。

ややこしいことに、Note2の純正バッテリーはドコモ版(国内版・Felica対応)とSAMSUNG版(国際版・NFC対応)の2種類が存在し、おサイフケータイなどを使うためにはなぜかドコモ版の純正バッテリーを使用する必要がある。アンテナがバッテリーに付いているんだろうか。
当然互換バッテリーもFelicaに対応していないので注意しなければならない。

個人的にはFelicaは別に要らないので互換バッテリーウェルカムだったんだけど、先日モバイルsuicaが全国で利用可能になってちょっと興味が湧いてきた。なんというタイミング…。

blog (3 - 4)

EVO3Dのバッテリー(右)容量が1730mAh。一方Note2は3100mAhとバカでかく結構な大きさ。
クアッドコア機は現状LTE通信用のモデムをチップセットとは別に用意しなければならず消費電力が大きい。
だったらバッテリーもガンガン積めばいいじゃんと言うことで2000mAh超が当たり前の大艦巨砲主義な解決策がとられているが、その中でもNote2のバッテリー容量は頭ひとつ抜き出ている。これも5.5インチの巨体の成せる技だろう。

blog (4 - 4)

数年前までAmazonで人気だったPhilipsのアウトレットイヤホンのポーチにピッタリ収まった。


電池が切れたらモバブーに繋ぐのも悪くはないんだけど、充電しながら使うとなるとケーブルが煩わしいしバッテリーも痛む。予備バッテリースタイルなら交換するだけで一瞬で100%に復帰出来て、GPS、ウェブ検索、画像投稿などバッテリーをガンガン使う旅先でも終日快適に使うことが出来る。
春休みの間は何度か旅に出たが、朝から晩までほとんど開きっぱなしで使うことが出来た。

Note2を選ぶときにどちらにするか迷っていたXperia Zはバッテリーがビルトイン式で交換不能というのがネックだった。
Note2は大画面で地図がとても見やすいし、マルチウインドウで地図を開きながら現地の情報を検索できたり、バッテリーは大容量で交換ができる。つくづく旅には持って来いの端末だと思う。
関連記事
スポンサーサイト
2013-03-24 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。