スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Galaxy Note2 復帰とストラップホール自作

先日修理に出したNote2が戻ってきた。




修理を依頼したときはフロントガラスの交換のみで出したはずだが、全面部品交換で返ってきた。





側面の保護フィルムも復活。修理費は見積もりした時と同じ5250円。修理期間は約10日、純正の裏蓋も付いてきた。
チェルシーフリップカバーを外して裏蓋がない状態で修理に出したからか、気を使ってもらったのかもしれない。





これで裏蓋は純正裏蓋、純正フリップカバー、チェルシーフリップカバー、純正裏蓋(その2)の4種と何だかすごいことになってしまった。


折角だからネットの書き込みを参考に、元から付属してた純正裏蓋(その1)を少し弄った。





バッテリー取り出し用の凹みにあたる部分をピンバイス…は無かったので画鋲で開口して…。





ストラップホール!
Note2にはストラップホールが標準で付いておらず、本体のでかさもあって裸で片手操作できない状態だったけど、これで問題なし!

関連記事
スポンサーサイト

2013-04-21 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。