スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ベルボン Geo Carmagne E543M を購入

3月に壊れてしまったSPLINT PRO 2の後継ぎとしてジオカルマーニュE543Mを購入した。フォトアクセス(通販)で約27,000円。

7DAM0150.jpg


三脚に関しては普及帯のものしか使ったことがなく、各メーカーの特徴なんかもよく分からないまま選んだのだけど
70-200 F4Lを装着してもぐらつかず、それでいてできるだけ軽量という条件で、カーボン+自由雲台に。あとはネットを見る限りユーザーが多いのと「カルマーニュ」というブランド名のカッコよさ(安直)でE543Mに決めた。

ストーンバッグやキャリングケースが付属していたのと、キャンペーンでスペアシューが購入者全員にプレゼントされ、最初から欲しいものがひと通り揃うというのも背中を押した。


7DAM0151.jpg

重量は付属の自由雲台込みで約1.5kg。SPLINT PRO 2より一回り以上大きいのに400g程度しか変わらないのは驚き。キャリングケースに入れて背中に回せば一日持ち歩いても問題ない。
でも自由雲台はアングルを変える度に水平を合わせるのが思っていたより面倒。いつか3WAY雲台を買い足すことになりそうだ。


7DAM0178.jpg

自由雲台を反対側に取り付ければGITZOトラベラー風に畳むことも。


0001_20130504211749.jpg

クイックシューは薄く軽く上出来。ツメを立ててカメラの角に沿わせれば縦位置でもズレる心配がなく、安心感が大きい。

SPLINT PRO 2では耐荷重の関係からブレを量産していた17-55 F2.8の縦位置や70-200 F4Lでの撮影も軽くこなすことができて満足。ミドル機以上のユーザーは夜景等スローシャッター用途ならはじめからこれくらいの大きさの三脚を買ってしまった方がいいかもしれない。安定感がまるで違う…。

購入当初の春休みこそよく持ち出したものの、最近は自室でのブツ撮り用に成り下がっているのでなんとかしないと()。

関連記事
スポンサーサイト
2013-05-04 : 機材 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

参考になりました
はじめまして。
三脚選びでこちらのブログにたどり着きました。
トラベラー風の雲台収納、参考になりました。
ジオカルマーニュは縮長が長いから、と思ってましたが、これなら40cm台になりますね。

E543Mを安心して買うことにしました。
ありがとうございます。
2015-11-06 22:23 : koppel URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。