スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

続 EOS 70Dを触ってきた

前回電源が入らなかった70Dをまた触ってきたので所感を。


0001_20130707225207.jpg


目玉機能のデュアルピクセルCMOS AF。最後まで位相差AFを使っていてスムーズに合焦する、これは確かに速い。
バリアングル液晶との相性は抜群で、"一眼レフで楽な姿勢で手早く撮影すること"に関してはこのカメラが最適かも。ライブビューを積極的に使ってしまいそうだ。

それとたまたま気づいたのだが、クイックAF選択時にマルチコントローラーでAFフレームが選択できるのがすごく便利だった。調べてみると、6Dでも同じ方式を採用しているようで。6Dのライブビューは激遅なのでクイックAFが使いやすいのは助かる。欲しくなってきたぞ。

静音撮影モードも搭載。ただし効果の程はオフよりはましかなと言う程度で少々残念。

ファインダーには7Dと同じ透過型液晶を採用している。
シャッターボタン脇に設けられてたボタンは測距エリア切り替えボタン。19点AF、ゾーンAF、1点AFを切り換えられる(領域拡大AFはオミット?)。ファインダーを覗きながら設定変更できるため、動体撮影時にはかなり役立ちそうだ。
ここまでするなら、マルチコントローラーもいつもの位置に置いてくれればよかったんだけどなあ…(何回言ってるんだ)

実際触ってみると、あの60Dの後継機とは思えないほどの充実っぷりでxissのスペックに押されつつあった分、このような思い切ったスペックアップに舵をきったのは気持ちがいい。その分順繰りに下克上されてしまった7Dは後継機が出るとなるとかなりのモンスタースペックになるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-07 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。