スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

2013秋 新しいiPad & iPad mini スペック・仕様予想

ボロボロに外した6月の新型iPhone予想のリベンジだ!
22日深夜に発表されるであろう新型iPad&iPad miniのスペック・仕様を予想する。


iPad Late 2013
・プロセッサー:A7X 64bit
・ディスプレイ解像度:2048*1536据え置き
・16GB/32GB/64GB/128GBモデル
・スペースグレイ/シルバーの2色
・狭額縁化、miniと同じデザインに
・軽量化
・バッテリー持続時間は変わらず
・横画面時に最適化されたステレオスピーカー搭載
・Touch ID(指紋認証)搭載


iPad mini Late 2013
・プロセッサー:A6
・ディスプレイ解像度:2048*1536にRetina化
・16GB/32GB/64GBモデル
・スペースグレイ/シルバーの2色
・デザインは変わらない
・バッテリー持続時間は据え置き
・厚く重くなる
・Touch ID非搭載
・価格は16GBモデルで399ドル程度に値上げ
・2012年モデルは併売


10インチiPadはLate 2012がプロセッサーと端子を変更したマイナーチェンジモデルで、今年の春には新モデルが発表されなかった。miniとのデザイン統一も兼ねて狭額縁デザインを採用すると見ている。テストモデル?の狭額縁フロントガラスが流出していることもあり、濃厚だろう。
ベゼルが狭いと指を置くスペースがなくなって誤動作の元になりがちだが、10インチタブレットの大きさと重さは取り回しが大変悪く、iPad miniなどの7インチ台のタブレットを持ってしまうと、外に持ち出す気がなくなってすっかりリビングに置きっぱなしになってしまった人も多いんじゃないだろうか。普通に使う分には薄くて小さい方が持ち出す機会も増えるので狭額縁化には賛成したい。
iPad RetinaはハイエンドモデルということでTouch IDは搭載されると予想する(用途的にどうなんだろうという気はするけど)。
従来のiPadではスピーカーがモノラルで下に付いていたが、これを横画面にした時に片側から音が鳴り、コンテンツを楽しむにあたって不利だったのでこのあたりも改良してくると予想。

iPad miniはライバルのNEXUS 7やKindle Fire HDXの後を追ってRetina化に踏み切るだろう。というかしなかったら失望する。頼むぜクック。Appleは「新型になってもバッテリー持続時間は据え置きです」という売り文句が好きなように伺え、10インチiPadがRetina化したときもバッテリー持続を優先して厚みと重量を増して来たのでminiも同じ道をたどるのではないだろうか。
部品コスト的に価格は高めになるだろう。

ないだろうけど業務用メインで13インチiPad Proとか出てこないかな。
関連記事
スポンサーサイト
2013-10-21 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。