スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

私がEOS 6Dを買わない7つの理由


1. 価格が下がらない
つい最近キヤノンのゴールドラッシュキャンペーンが始まり、ボディor24-105レンズキットで10000円、24-70レンズキットで20000円のキャッシュバックが受けられるようになったものの、ここ1年でネットの最安値は変わっていない。

2. 操作系にクセがある
これが6Dを検討するにあたって一番難儀な点だ。小型化を優先したからか、マルチコントローラーが右手親指位置からサブコマンドダイヤル同軸内側に来てしまったのをはじめ、7Dとボタン位置がガラッと変わってしまっている。

3. 連写が利かない
連写は秒間4.5コマと控えめでバッファーもRAWで15枚と物足りない。今使っている7Dの秒間8コマは普段使う分には持て余し気味だがそれでも秒5,6コマは欲しい。

4. AFポイントが少ない&狭い
中央の測距点は-3EV f2.8クロスとかなり優秀だが周辺はアクティブに使っていけるのか微妙なところ。7DのゾーンAFや領域拡大AFでサクサク合焦してリズム良く撮っていくことはできるのだろうか。

5. Wi-Fiは必要ない
トピックが少ないからとりあえず付け足した感じがしてならないWi-Fi機能。iPadやAndroid端末ならケーブルを繋げば読み込めるし、SDカード側にWi-Fi機能を埋め込んだEye-fiもあり、出先でカメラ内の画像を取り出す環境は整っている。リモート・コントロールはまだまだ煮詰まっていないし、本体内蔵のWi-Fiには出番はなさそうだ。

6. 今や軽くない
本体重量680gとAPS-Cミドルレンジ並の軽さを実現した6Dだが、ミラーレスフルサイズα7の登場で”軽いフルサイズ”にとしては大きく水をあけられてしまった。

7. どうせ5D3が恋しくなる
ひとつ上のレンジのEOS 5D Mark IIIは2~4の欠点をカバーしていて、何度か触ってみて、7Dから乗り換えるならこっちだろうなと強く感じる。


そう、7Dユーザーである以上、5D3がある以上、6Dは妥協の選択でしかないのだ。一眼レフのボディなんてそうほいほいと買えるものではない。冷静に考えようと思う。


rr7DBS3376.jpg


…………おや??
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-26 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。