スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

「Deff TRAVEL BIZ」&「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」

あけましておめでとうございます。今年も年末年始はまとまった時間が取れず、ちびちびとお酒を飲みながらポチポチとガジェットのバッテリー関連のグッズを揃えて過ごした。

rrRIMG7064.jpg

2013年最後の買い物は「Deff TRAVEL BIZ MicroUSBケーブル」。カラーバリエーションが「カフェブラック」「バニラホワイト」と気取った名称だけど要は黒と白。手持ちのmicro USBケーブルがほとんど黒なので気分を変えてバニラホワイトをチョイスした。


rrRIMG7067.jpg

2.4A急速充電&データ転送に対応しているのが特長。しかも自分の大好きな巻取り式。意外とこの要件を満たすケーブルは選択肢がない。
よくある巻取り式ケーブルではケーブルが短冊状だが、これは大電流を確保するためか普通のケーブルと同じく円状の断面。プーリーの巻取り力はかなり強力でガイドが付いていて巻き取っても絡まらない。少し大きいが堅実な作り。


Screenshot_2013-12-31-11-25-03.png Screenshot_2014-01-03-23-31-29.png

iPad 3rdのACアダプターで手持ちの1Aのケーブル(左)と「Deff TRAVEL BIZ」(右)とで1回ずつの「XPERIA Z Ultra(バッテリー容量3000mAh)」を充電してみた結果を示したButtery Mixのグラフ。充電開始時のバッテリー残量がバラついているが、おおよそ4時間かかっていたのが3時間弱になった感じだろうか。傾きを見る感じ1.5倍程度のスピードで充電されている。
XPERIA Z Ultraはバッテリー内蔵のモデルで、予備のバッテリーパックを持ち歩く芸当が使えないため、充電スピードは結構重要だったりする。



rrIMG_1846.jpg

2014年最初の買い物は「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」。これは完全に衝動買い…。
cheeroとダンボーのコラボモデルの第二弾、容量6000mAhのモバイルバッテリー。初回販売時はあっという間に在庫がなくなったけど、わりと早くに続いて入荷されて今では在庫も安定している。


rrIMG_1861.jpg

さっきの画像はパッケージで反対側に本体。ダンボーinダンボー。


rrIMG_1863.jpg

付属品は説明書とポーチ、ケーブルとシンプル。ポーチもしっかりダンボーテイストなのが嬉しい。


rrIMG_1868.jpg

右側にはUSBポート出力が2つ。2.1A端子も完備ですよ奥さん。


rrIMG_1870.jpg

左側はmicroUSB入力端子を備える。


rrIMG_1881.jpg

今まで使っていた初代cheero Power Plus(10000mAh)と比べると質量は250g→140gと悪くないが形はダンボーヘッドそのものなのでかさばる…。カメラバッグの収まりはむしろ良いが、端末と重ねて充電するとなると容量の割にスペース食らいになりそうだ。


rrIMG_1867_201401040203085e5.jpg

おっとなるのが口の三角を押すと目が光るギミック。バッテリー残量によって黄→オレンジ→赤と発光色が変化するインジケータになっている。デザインと実用性が共存していてワクワクするしネタとしても面白い。

関連記事
スポンサーサイト

2014-01-04 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。