スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Dropsync その1 ~導入・Eye-Fi同期設定~

Dropsyncが便利そうだったので導入してみた。いやあ前から興味はあったんだけどなかなか時間が取れなくて……。
「Dropsync」はクラウドストーレジ「Dropbox」と端末のローカルフォルダの同期ができるAndroidアプリ。上り下り双方向の同期も設定可能だ。「クラウド上だけではなく端末の任意のローカルフォルダに自動で同期・保存できる」のと「同期の方向や条件を細かく設定できる」というのがキーで、応用範囲はかなり広そうだ。夢がひろがりんぐ。

Dropsyncには無料版/PRO版があり、違いは以下のとおり。

・同期できるフォルダが1つ/無制限
・1つ8MB(10MBかも?)以上のファイルは転送不可/無制限
・広告あり/なし
・端末の任意のフォルダにDropbox全体の同期なし/あり
・設定のパスコードロックなし/あり

499円とそこそこするけど、ヘヴィーに使えそうなのでPRO版を選択。
まずはEye-Fiの環境を再整備した。

ここ2年ほどGRD3をEye-Fi連携させて使っている。現状、撮影した写真の流れは、
GRD3で撮影→Eye-Fiカードに保存→ダイレクトモードでスマートフォン(SC-02E)へ自動転送→Wi-Fi環境下でPCへ自動アップロード
となっていて、出先ではスマートフォン(1台)、帰宅後にはPCでも写真が見ることができる。
Eye-Fi導入時はこれでもよかったんだけど、最近は扱う端末の数が増えてきたのて、これをどの端末でも見られる状態にしようという狙いだ。


メニュー→設定→同期済みフォルダ→同期済みフォルダの追加と進み、同期する端末のローカルフォルダ「Eye-Fi」を選択。続いてDropboxにフォルダ「Eye-Fi」を新規作成してこれを同期フォルダとして選択する。


rr0001_2014021022233995f.jpg

すげえ!同期方法が7種類もある。ええと…それぞれの設定の説明を要約すると、

・双方向…一方でのファイル追加/変更/削除がもう一方にも反映される。
・アップロードのみ…端末の新規/変更ファイルがDropboxへ反映される。Dropbox側での操作は端末へ反映されない。カメラアップロードと同じ。
・アップロードした後削除…端末の新規ファイルがDropboxへ反映された後、端末から削除される。
・ミラーのアップロード…端末の新規/変更ファイルがDropboxへ反映される。その後端末上で行った当該ファイルの変更/削除がDropboxへ反映される。
・ダウンロードのみ…Dropboxの新規/変更ファイルが端末へ一度だけ反映される。端末側での操作はDropboxへ反映されない。
・ダウンロードの後削除…Dropboxの新規ファイルが端末へ反映された後、Dropboxから削除される。
・ミラーのダウンロード…Dropboxの新規/変更ファイルが端末へ反映される。その後Dropbox上で行った当該ファイルの変更/削除が端末へ反映される。

書いてるうちにゲシュタルト崩壊を起こしたが、痒いところに手が届いているのは間違いない。どんな用途にも応えてくれそうだ。ここでは「双方向」を選択する。


rr0003_20140210222338931.jpg

さらに設定からインスタントアップロードを有効にする。これでファイルが追加された瞬間(Eye-Fiから画像が送られてきた瞬間)に同期が開始される。
また、ダイレクトモードでEye-FiのSSIDに接続された状態で同期が始まっても通信できないので、このSSIDを「同期を許可しないWi-Fi接続(SSID)」設定に一応加えておく。以上で設定は完了。


これでEye-Fiで送られた写真がDropboxに反映されるので他の端末でも見ることができるようになった。別の端末にもdropsyncをインストールし、ダウンロード設定すれば、まどろっこしいがEye-Fiからdropboxを介して複数端末に写真が送信されるような設定になる。ああ、でも複数端末ローカルフォルダ-dropbox間でその設定にすると同期の競合とか出るのかな…その場合は他の同期方法を選択すればいいのかな。
また、手ブレや連射カットをPC(Dropbox)側で削除した場合に端末側に反映されるため、画像整理の二度手間もなくなった。これはdropbox標準機能のカメラアップロードでも出来ないはずなので、端末で撮った写真についても、dropsyncで同期管理するのもありかも。
他にも、PC側でEye-Fiクライアントを常駐させる必要がなくなり、Dropbox一本で管理出来るメリットも得られた。一度設定すればあとはずっと自動で同期してくれるしこりゃ便利だ。

Dropboxクライアントをこちらの紹介リンクからインストールすると、紹介者と被紹介者にボーナス容量がそれぞれ与えられるので、是非試して欲しい。

関連記事
スポンサーサイト

2014-02-10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。