スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Galaxy Note Edge SCL24

お正月IYHしてしまった。ゲオモバイルにて1年補償付けて約30000円ほどで購入。


IMG_3410 (2)


これまでは、ファブレット枠はGalaxy Note3 SC-01Fを使っていて、買い換えるほどの不満はなかったが、昨年の秋冬モデルにそそられる機種があまりなかったので、この際安くなった2014年のモデルでもいいかということで更新した。


エッジスクリーン


IMG_3432 (2)


最大の特徴である画面右側のエッジスクリーン。情報表示やショートカット機能などを割り当てることができる。
いくつかデフォルトの専用アプリを試してみたが、今のところアプリのランチャーが一番実用的かなと思う。でもSwipe Padがあれば要らないような気もする。
片手持ちしづらいし、指が届く範囲が減るので便利さよりも不便さが上回ってしまう。

左利き用に上下反転させてエッジスクリーンを左側に配置、画面下部にナビゲーションキーを表示させる変態機能も。
これなら右手持ちでも指が届く範囲が少し広がる。ただ画面下部にボタンがあるアプリなどではナビゲーションキーと重なってしまうため、実用的とは言えない。OSの制約なのかもしれないけど。

エッジスクリーン用のアプリマーケットもあるので、今後なにか活用できないか探してみようと思う。



アクセサリ


IMG_3421 (2)


ケースはVERUSの耐衝撃ケース。
このモデルからフレームがアルミ製になって剛性は上がったとはいえ、エッジスクリーンが地面に接触したら割れそうな気がしてならないので。修理代も高く付くだろうし。
ゴツいケースを使うのはEVO3Dのとき以来だと思う。ガラスフィルムは微妙のものしかなさそうなのでむき出しで使うことにした。
ファブレット端末+エッジスクリーン+耐衝撃ケースで横幅が大変なことになったので、貼り付けタイプのリングもセットした。



SIMロック限定解除


この機種は電話から#7465625*638*#→00000000を入力するだけで、無改造でも次回起動するまでの期間限定でSIMロックを解除できる。つまり、起動の度にこの限定解除の儀式を行えば実質SIMフリー機として使うことができる。
ただし国内他社で使える周波数帯はband1(2100MHz)のみとなるので基本的にauのSIMを挿して使うことになるだろう。

持て余しているdocomoカケホSIMを使いたいので、今のところは限定解除運用をしている。
今の生活圏内では、たまに3G(H表示)に落ちるけどほぼLTE接続ができている状態なので、エリアが厳しいとき以外はこのままでいいかなと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

2016-01-15 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。