スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

Canon スピードライト 320EX 購入レビュー

連休中に親戚の祝い事で撮影を頼まれて急遽買ってしまった。イヤッハー!


430EX2とこれとで迷った挙句、LEDやワイヤレスレリーズ機能に惹かれてこっちにしましたが、
発売日翌日時点でAmazonでは売り切れ(1~3週間後入荷)だったのでヨドバシで23k+ポイント10%で購入。親と共同出資で自分の負担は1諭吉程度でした。




専用ケースとスタンド、説明書類が付属します。



スイッチ類。グループ、チャンネル、引き出しの有無、チャージ状態、電源、LEDなどなど。
照射角は0~90°の範囲で調整できて60度、75度地点でカチッカチッとロックがかかります。
調光補正等はカメラ側から設定します。
まあ初めて外付けストロボ買ったから他の機種との違いがわからないんだけども。



ロックボタン。右にスライドさせるとストロボ底面からピンが出てきてシュー側の凹にはまる仕組み。



側面に電源の単三電池×4本を収納、リモートレリーズスイッチもここに。エネループ買ってこないとなー。



レンズの焦点距離が50mm以上のときは発光部を引き出してGN24→32に





時計回りに90°,反時計回りに180°しか回らないのでグリップを上に構えて縦位置撮影するときに斜め後ろバウンズ出来なかったりするみたい。おのれキヤノン。



7Dに装着。本体とレンズがただでさえ重いのでかなりズシッときます。



LEDは思った以上に光量があって直視するのがキツいレベル。動画撮影が捗りそう。



7Dのマスター機能でスレーブ発光もできました(こんな当て方はしないと思うけど)

今のところ自動調光のバウンズで人とかモノを撮るので満足してるけど色々試してみたいなあ。
新機能は上位機種にも付くだろうから、これから買う人は430EX3を待ったほうがいいかも。


関連記事
スポンサーサイト

2011-05-05 : 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。