スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

UCC THE DEEP BLACK 永遠の0 コレクション レビュー2

前回確保しそこねた紫電改と五二型を揃えてきたのでレビュー。


・紫電二一型甲 343空 剣部隊
0002_20131013220644ce3.jpg

続きを読む

2013-10-13 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

UCC THE DEEP BLACK 永遠の0 コレクション レビュー

永遠の0のUCCとのタイアップ企画で缶コーヒーのオマケに組み立て式モデルが登場。近くのコンビニにも入荷していたので何本かつまんでみた。


0011_2013100923163311e.jpg

・零戦二一型 赤城搭載機
・零戦二二型251空 ラバウル
・零戦五二型721空 神雷部隊
・紫電二一型甲 343空 剣部隊
・彗星三三型601空 本土
・九九艦爆二二型 翔鶴搭載機
の全6種中、五二型と紫電が売り切れていてしまっていた。


0010_20131009231721aba.jpg

組み立て式と言っても勿論工具等は必要なく、パーツをはめ合わせるだけで30秒もかからずに組み上がった。想像していたのよりも二回りほど大きく、7×8 cm程度だからおおよそ1/144スケールだろうか。

続きを読む

2013-10-10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アオシマ ウォーターラインシリーズ 1/700 愛宕

1/700 Heavy Cruiser Atago 8

今まで全く興味がなかった艦船プラモデルに初めて手を出した。というのも今夏の猛暑でなかなか外に出る気になれず、気がつけば人気爆発のブラウザゲーム、艦隊これくしょん(艦これ)に没頭してしまったためだ。
製作したのはウォーターラインシリーズの重巡洋艦 愛宕。まずは気軽に作れる駆逐艦からと思ったのだが売り切れていた。流行りは恐ろしいな。

続きを読む

2013-09-12 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

iPhone 5s & iPhone 5c発表!と予想答え合わせ

待望の新型!iPhone 5s & iPhone 5cが発表された。以前書いた新型iPhone予想の答え合わせをしながら仕様を確認していく。
2種出たためiPhone 5sと比較するものとする。

名称: iPhone5S → (iPhone 5s)
発売時期: 2013年10月 → (2013年9月22日)
発売キャリア: softbank, au → ×(softbank, au, docomo)
カラー: ブラック・ホワイト含めiPod Touch 5thと同じく5色展開 →×(シルバー,スペースグレイ,ゴールドの3色, 5cが5色展開)
デザイン,サイズ,重量: iPhone5と同様 → (ホームボタン指紋センサー:Touch IDセンサーが付いた)
プロセッサ: A7 クアッドコア → 名称はA7, 64bit対応, コア数不明
RAM: 2GB → 不明
ROM: 16GB/32GB/64GB →
OS: iOS7 日本語マップ大幅強化, アプリ自動アップデート対応, 標準ブラウザやIMEを変更可能に →×(名称はiOS7だが中身はフラットデザイン)
通信方式: 802.11ac対応 → ×(非対応)
カメラ: ExmorRS 13メガピクセル HDR動画対応 → ×(8メガピクセル, センサーサイズアップ, f/2.2レンズ, バーストショット)

○が2点,△が1点とすると18点中5点,約28%しか当たっていない。ことごとく外れてしまった。
しかしdocomoから出るとは予想外だった。


分かりやすい目玉新機能としては、ロック解除やappstoreのパス入力を省略できる指紋認証センサー(5s)が挙げられる。指紋認証自体は富士通のARROWSなどですでに採用されていたが、iPhoneに載ったとなると脚光を浴びそうだ。
5sのカメラは発表会でやたら強調されていたTrue Toneフラッシュはともかくとして、レンズが明るくなりセンサーが大きくなり、着実に進歩していることがわかる。iOS7による新しいUIにも期待したい。
iPhotoやkeynote等のApple製アプリが無料になったのも嬉しい。

iPhone初めて取り扱うことになるdocomoとAXGP(TD-LTE)の周波数が非対応で追い詰められたソフトバンクの動きが気になる。
大手3社が取り扱うことで今まで以上にスマートフォンの国内シェアがiPhoneに傾くことになるだろう。国内メーカーがバタバタ倒れる気してならないのだが、どうなっていくのだろうか。
2013-09-11 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

さようなら EF-S 17-55mm F2.8 IS USM

EF-S 17-55mm F2.8 IS USMを手放すことにした。

というのも昨今のレートを鑑みてか、春先からレンズの買取価格が上がっていて、以前お世話になったカメラ屋で「いつ売るか?今でしょ!」のコピーとともに、下取り時通常価格から20%アップで買取りを実施していたのだ。これは見逃せないでしょう。


7DAL8303.jpg

付いた価格は5万弱。
17-55は使用期間は長くないものの、手に入れてからは稼働率随一のレンズでフードはスレが多数。ホコリも混入していたわりにいい値段になったと思う。

少し重かったけど、君の明るさとAFの早さにはいつも助けられたよ。おかげで写真がもっと好きになった。少し寂しくなるけど、達者でな。
2013-07-09 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

続 EOS 70Dを触ってきた

前回電源が入らなかった70Dをまた触ってきたので所感を。


0001_20130707225207.jpg


目玉機能のデュアルピクセルCMOS AF。最後まで位相差AFを使っていてスムーズに合焦する、これは確かに速い。
バリアングル液晶との相性は抜群で、"一眼レフで楽な姿勢で手早く撮影すること"に関してはこのカメラが最適かも。ライブビューを積極的に使ってしまいそうだ。

それとたまたま気づいたのだが、クイックAF選択時にマルチコントローラーでAFフレームが選択できるのがすごく便利だった。調べてみると、6Dでも同じ方式を採用しているようで。6Dのライブビューは激遅なのでクイックAFが使いやすいのは助かる。欲しくなってきたぞ。

静音撮影モードも搭載。ただし効果の程はオフよりはましかなと言う程度で少々残念。

ファインダーには7Dと同じ透過型液晶を採用している。
シャッターボタン脇に設けられてたボタンは測距エリア切り替えボタン。19点AF、ゾーンAF、1点AFを切り換えられる(領域拡大AFはオミット?)。ファインダーを覗きながら設定変更できるため、動体撮影時にはかなり役立ちそうだ。
ここまでするなら、マルチコントローラーもいつもの位置に置いてくれればよかったんだけどなあ…(何回言ってるんだ)

実際触ってみると、あの60Dの後継機とは思えないほどの充実っぷりでxissのスペックに押されつつあった分、このような思い切ったスペックアップに舵をきったのは気持ちがいい。その分順繰りに下克上されてしまった7Dは後継機が出るとなるとかなりのモンスタースペックになるのではないだろうか。
2013-07-07 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

EOS 70D登場!早速見に行った

キヤノン:EOS 70D|概要

EOS 70Dが発表!60Dで下がってしまい、挙句kissに追いつかれつつあった連射コマ数が7コマにアップして2ケタD最大になった。さらに19点全点クロスAF+新型センサーと、7Dユーザーとしてはなかなか気になる仕様だ。

幸か不幸か今日の午後は阪急神戸線が停まって大阪で時間を潰すことになり、折角なので早速70Dを見ていこうとキヤノンデジタルハウス梅田に足を運んだ。


0003_20130702224157.jpg

ブツは60Dと並べてあった。
メインコマンドダイヤル近くに7DのM-Fnボタンのようなボタンが追加され、スピーカーはホットシュー左右に移動した。


0001_20130702224158.jpg

60D(左側)と70D(右側)の背面比較。結構変わって6Dに近くなった印象。再生ボタンやQボタンが親指で押しやすい位置に来て操作性は改善されていそうだ。
バリアングルのヒンジで本体左側が埋まってボタンが散らばるのは仕方ないとしても、マルチコントローラーがサブコマンドダイヤルと一体化するのはどうも好きになれない。

今回は残念ながら電源が入らず、近日中に触れるようになれますよとの案内を受けた。なんじゃそりゃー。


0002_20130702224201.jpg


カタログを貰った。珍しく正方形。

カタログ仕様を見ると防塵防滴じゃなかったり、視野率が100%ではなかったり、カタログのレンズのページにLレンズが載っていなかったりとAPS-Cハイエンドの7Dに取って代わることはなさそうだ。これを受けて7D MK-2はスペックをどれほど上げてくるのか、そもそも暫くは出ないのか気になるところだ。
2013-07-02 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

イヤホンXBA-1SLを修理

今月はどうもイヤホンに関してトラブル続きで、1年半使用したXBA-1SLが断線し、投げ売られていたXBA-2IPを購入するも行方不明になってしまった。
BA型イヤホンの解像感に魅せられた今、他のイヤホンを使う気にもならないので、手持ちのXBA-1SLを修理することにした。


0002_20130629234232.jpg

続きを読む

2013-06-29 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

新型iPhone予想

WWDC2013まで待ちきれないので新型iPhoneの仕様を予想してみる。以下すべて妄想。

名称: iPhone5S
発売時期: 2013年10月
発売キャリア: softbank, au
カラー: ブラック・ホワイト含めiPod Touch 5thと同じく5色展開
デザイン,サイズ,重量: iPhone5と同様
プロセッサ: A7 クアッドコア
RAM: 2GB
ROM: 16GB/32GB/64GB
OS: iOS7 日本語マップ大幅強化, アプリ自動アップデート対応, 標準ブラウザやIMEを変更可能に
通信方式: 802.11ac対応
カメラ: ExmorRS 13メガピクセル HDR動画対応

外側は変えず、内側はAndroidの後を追って行きそうな気がする。
iOS7では何かあっと驚くような新機能が出てくるといいなー。
2013-06-11 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Amazonで教科書を揃えた

新学期の教科書・参考書は大学生協が5%OFFで販売していて、右も左も分からない新入生だった頃はすべてそこで購入していた。
だけど買うためにわざわざ列に並んだり持って帰るのが面倒くさい。しかも専門分野の書籍は1冊2500円~とめっぽう高く、ほぼ定価で買うと出費が痛い。

安く済ませるために古書店を回るのは骨が折れる。ということでたどり着いたのがAmazonマーケットプレイスだ。
Amazonの検索、決済サービスが使え、商品ページから複数の案件の価格、商品状態、出品者の取引数、評価などが一覧でき、バラつきがあるものの注文してから大体3-7日程度で届く。
送料込みで定価の2~8割ほどの価格で購入できて魅力的だ。

さらに今年は学生向けのAmazonプライム会員サービス、「Amazon Student」で書籍(マーケットプレイス・漫画・雑誌は対象外)のポイントが15%(普段は10%)付くキャンペーンが実施されている。こんな還元率は今まで聞いたことがない。異常事態と言っていいだろう。
先述したマーケットプレイスは書籍の版数が商品ページに明記されていないケースが多く、かなり古いもの(初版1970年代とか)を注文する時は、いつの時代のものが届くのか分からなかったりしてリスキーだが、新品ならその心配もない。

Amazon Studentは無料試用期間が6ヶ月と長く、その間に解約すれば年会費もかからない。15%還元キャンペーンは今月末まで実施されているので学生はこの機会に是非利用してみてはどうだろうか。(なんかAmazonの回しものみたいになっちゃたぞ…!)
2013-04-20 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。