スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

クロスフォレスト XPERIA Z Ultra用ガラスフィルム

XPERIA Z Ultra用のガラスフィルムを購入。

XPERIA Z Ultra購入当初はそもそも日本発表前だったのでガラスフィルムが充実しておらず、なぜか出ていたミヤビックスのOverlay Magicを貼っていたけど、半年も経つとフィルム面についた傷が目立つようになってきた。


IMG_8439_20140629004706214.jpg

簡素なパッケージのブツ。メーカーはクロスフォレスト。あまり聞き慣れないメーカーで、商品説明欄に「本商品は間違いなくガラス製フィルムになります」と書かれていたりと胡散臭さが拭えなかったが、同メーカーの他の機種のガラスフィルムの評価を見た限り、悪いところではなさそうだった。
量販店などで取り扱いのあるDeef製のもの比べると、厚みは同じ0.33mmだが、こちらはフロントカメラ部分の切り欠きがなく見た目スッキリ。


IMG_8441_20140629004708979.jpg

ホコリ厳禁につき貼り付け作業は風呂場で。
画像左側の上から順にアルコールウェス、クロスの順で画面を拭き、その下のホコリ除去シートでホコリを完全に取り除いてから貼り付ける…というホコリに対して周到すぎる付属品。ただ、ホコリ除去シートがどうみてもiPhone5用のものだったのが謎。ということで貼り付け直前のホコリ取りはセロテープで代用した。

通常のフィルムと違ってガラスフィルムはやり直しが基本効かない一発勝負。ホコリには気を使うけど、フィルム自体がしならないので位置合わせは楽。


IMG_8447.jpg

概ね問題なく貼り付け完了。ツルッツルで気持ちイイ!!


IMG_8451_2014062900471076e.jpg

ロゴ周りの細かい気泡がなかなか取れないけどまあそのうち取れてくるでしょう。


ガラスフィルムで厚みが増した状態でも純正クレードルには一応収まる。が、結構タイトでガラスにテンションがかかりそうなのでアタッチメントを付けるなりしてクレードル溝幅を調節したほうが良さげか。

ガラスフィルムは通常のフィルムに比べて価格が高い、対応機種が限られる、実店舗での取り扱いが少ない、貼り付けが難しいなどといった敷居の高さがあって一般層には浸透していないけど、
・指滑りがよくなる
・傷に強い
・長持ちする
・割れづらい
・水を弾く
・フッ素系コートで指滑りの劣化を修復できる
とメリットは目白押し。貼り付けサービスをしているお店もあるし、対応機種であれば試す価値は大きいと思う。
2014-06-29 : ガジェットアクセサリ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Logicool Marathon mouse M705t

PC環境を構築してから3年が経った。そろそろ再構築したいなということで、まずはマウスから。

Logicool Marathon mouse m705t

20140526_5912_IMG_7969.jpg

無線かつ電池持ち重視でメーカーは定番のLogicool。PicoレシーバのついたM545も捨てがたかったが、春になって価格が下がったのと、質感と機能でこちらを選択した。
実は前モデルの「M705r」をリネームして価格を持ち上げたモデルだったことに届いてから気づく。


da.png

ボタン設定はブラウジング特化で、サイドボタン奥を「Ctrl+W」、手前を「戻る」、ホイール左を「Shift+Ctrl+Tab」、ホイール右を「Ctrl+Tab」に。
相変わらず電池がもちまくる。


20140526_5913_IMG_7982.jpg

先代のM510との比較。M705tは表面処理がつや消しで手垢が付着しにくいのと、ボタンやホイールの操作感が一回り心地良い。
Marathon mouseの名が示す通り、ホイールを回すと慣性がかかって長いページでのスクロールが楽だけど、狙った位置で止めるのには慣れが要るか。


20140526_5914_IMG_7988.jpg

キーボードはまた後日。
2014-05-26 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

seria スマートフォン用Charge&Transferケーブル ショートタイプ

またまたmicro USBケーブルを購入。

0001_20140310231743c45.jpg

巻取り式micro USBケーブルでお世話になっているseriaのショートタイプのmicro USBケーブル。パッケージに「充電しながらスマートフォンを使用可能」とあるようにモバイルバッテリーと組み合わせて使うのにピッタリのサイズ。データ転送にも対応している。

続きを読む

2014-03-10 : ガジェットアクセサリ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

au HTL22 HTC J One 外観レビュー

先月はCP+に行ってきた。例によって現像が済んでいないので後回しにするとして、現地で買った端末を紹介。やっぱりこの時期に関東まで行ったらケータイ買わないとね!

今回買った…というかもらったのはHTL22。買えば買うほど得する状況だったので量販店で2台GET。どんだけ在庫余ってるんだ。大雪で客足が少なかったのが原因なのか、待ち時間は短めだった。

lvVXi.jpg

htc機はISW12HT EVO3D以来。箱ががらっと変わって弁当箱型、端末の写真もプリントされている。付属品はやっぱりイヤホンマイクと説明書だけで、micro USBケーブルやACアダプターはついてこなかった。


AMmOa.jpg

本体前面。センサーキーが並んでる中央にロゴが入っていて見た目はいいけど、省略されたタスクキーはホームダブルタップ、メニューキーは画面内表示かホームボタン長押しに割り当てられていて操作はかなり面倒くさい。
本体下部の穴はマイクではなくスピーカー。上部と合わせて横にするとステレオスピーカーになる。スマートフォンの内蔵スピーカーとしては最高クラスに音が良くて、動画再生の臨場感は段違いだ。これは他のメーカーも見習って欲しいところ。タブレットとか需要ありそうだけど。


KNlkI.jpg

背面はラウンドしたアルミでデザイン、触り心地ともに良好。カメラ、フラッシュ、Felicaポート、赤外線ポートを備える。裏蓋は取り外すことができてmicro SDとSIMの交換ができる。


1sh9o.jpg

側面のボリュームキーは円状のディテールが入ってこれまた格好いい。

グローバル展開されているものがベースモデルになっているとはいえ、前述の操作問題に加えて、防水非対応だったりストラップホールがなかったり、カメラが400万画素しかなかったりするのは一般的なスマートフォンとして見るには痛いところか。独自UIのhtc senceも相変わらずかっこいいけどクセが強い。一方でほぼ全面アルミで覆われた筐体やステレオスピーカーなどの他の機種にはなかなかないような光る特長も見られる。スポーツカーのようなピーキーな端末だと思った。


副産物のau 4G LTEがエリア速度ともにすこぶる快適で、今ところほぼ毎日持ちだしているので、もう少し掘り下げていこうと思う。
2014-03-03 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

Anker 25W 5ポートACアダプター

徹夜の憂さ晴らしにAnker 25W 5ポートACアダプターをポチった。

rr0002_20140208221947248.jpg

続きを読む

2014-02-08 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

XPERIA Z Ultra C6833グローバル版も充電できた「DK33」

XPERIA Z Ultra用の充電ドック・クレードル、「DK33」を購入した。

グローバル版のDK30は価格が5000円弱で流石にアホらしくて手が届かなかったけれど、国内版が出てソニーストアなどで型違いのDK33が取り扱われるようになった。こっちはお値段2700円。入会クーポンを使用してDK30の半額以下で手に入れることができた。ポイントもGET。国内版が出ると、こういった恩恵が得られるのでありがたい。


rrIMG_2239.jpg

続きを読む

2014-01-27 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

MDR-1RBT

ここ二年間、出先での音楽/動画/ゲーム等のコンテンツ消化にはXBA-1SLが活躍していたが、自宅用のヘッドホンはとりあえず鳴るけど…みたいなのしかなかったので新しく買ってきた。
折角XPERIA Z Ultraを買ったんだしNFCでBluetoothなのがいいよね、ということでこれに決定。USEDで17k。まさかこのクラスのヘッドホンを買うことになるとは思わなかった。


20140115023925_IMG_2216.jpg

続きを読む

2014-01-26 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

au XPERIA Z Ultra SOL24 発表

Xperia™ Z Ultra SOL24 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

a.jpg


au版のXPERIA Z Ultra SOL24が発表。
STAMINAモードをはじめとした一部機能が削られているものの、Felicaや赤外線、おでかけ転送、DCTP-IP、フルセグ視聴(要外部アンテナ)に対応。
価格は機変新規が78120円。MNPが誰でも割適用で57960円。

自分はグローバル版C6833を輸入して使っているけど、こっちは国内機能がてんこ盛りでうらやましい…。6.44インチサイズはコートやジャケットから気楽に取り出せて、機動性は7インチタブレットより一回り以上高くいつでも持ち歩くことが出来る大画面端末としてかなりアリだと思っている。
au側でクレードルや専用スタイラスが用意されるようなので、今度旗艦店にでも見に行こうと思う。
ケースや液晶保護ガラスなんかのアクセサリーが出回ることにも期待したい。

同時発表されたWi-Fi版はソニーストアで51800円。こっちは通話できないのでカテゴリー的には「タブレット」、ややこしや。Wi-Fiだと外で使うにはよっこらせな感じが否めないし、折角の取り回しの良さが台無しになっちゃうから微妙かなあ。

しかし今回のau春モデルは変態尖った端末が多くて面白い。LG G Flexとかどう見てもキャッシュバックのおまけじゃん…。
2014-01-23 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

OveLay Magic for XPERIA Z Ultra & ポケットリング ディープ・パープル

さしあたってXPERIA Z Ultra用に購入したアクセサリーはこんな感じ。

rrIMG_1581.jpg


■OverLay Magic for XPERIA Z Ultra

rrIMG_1638.jpg

液晶保護ガラスを貼りたいところだったけど、目ぼしいブランドのものが未発売だったのでこちらをチョイス。
表裏の2枚入りで傷修復付き。修復されるとは言え、傷がつきやすいのと汚れが落ちにくいのが少し気になる。フィルムだしまあこんなもんか。


■ポケットリング ディープ・パープル

rrIMG_1651.jpg

いつものリング。もう何個買ったことやら…。Z Ultraは6.4インチなのにストラップホールが開いているのでそのまま取り付けられる。
端末がノッポなおかげでリングをコートのポケットの外に露出させることが出来、サッと取り出せるのが便利。
リングを小指に通せばなんとか片手操作もどきみたいなこともできるけど、ちょっと窮屈かなあ。


2014-01-08 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「Deff TRAVEL BIZ」&「cheero Power Plus DANBOARD version -mini-」

あけましておめでとうございます。今年も年末年始はまとまった時間が取れず、ちびちびとお酒を飲みながらポチポチとガジェットのバッテリー関連のグッズを揃えて過ごした。

rrRIMG7064.jpg

続きを読む

2014-01-04 : ガジェット : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

Author

Do

Author:Do
趣味はデジタル機器全般と写真撮影。大学ではウェアラブル/IoT関連の研究に明け暮れています。最近はXperia Z3 Compactをメインで使用。
お問い合わせはこちらから

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。